パパ活サイト初心者でも理想のパパを見つけるテクニックはこちら

パパ活で得たお金は税金を納める必要がある?パパ活と税金について徹底解説します

パパ活をしていてある程度の収入を得たという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合、ふと気になるのが税金のことではないでしょうか。見逃してしまうと思わぬ損失を抱えてしまう事にもなりかねない税金ですが、パパ活の場合はどのように対処していけばよいのでしょうか。ここで考えてみましょう。

パパ活の収入に税金はかかるものなのか

答えからいえば税金がかかります。収益の区分についてですが「贈与」に該当するのです。ですので、申告をしていただく必要があるわけです。

その金額ですが、厳密に言えば110万円を超過した分がその対象となるのです。気になる税率ですが、贈与額によって幅があります。その幅は10%から55%となっています。

詳細 : 贈与税がかかる場合
※国税庁ホームページ

そもそも申告しないと見つかってしまうものなのか

中には見つかるものではない金額ではと思われるでしょう。銀行振り込みでしたら「足がつく」と想像ができるかもしれませんが、手渡しですとわからないという印象もあるかもしれません。

しかし万が一、パパが会社の経費として落としていたらどうでしょうか。税務署による税務調査などが入ったときにお金の出どころというものをすべて調べることになります。パパと関係を持っていく上において、ある程度の個人情報のやり取りはあるかと思いますので、そこから特定をされて納税義務を果たしていなかった、脱税していたという事が知られてしまうのです。

税金対策について考える

とはいえ、これまで税金関係の処理をした経験がないとなると難しいと感じられるかもしれません。そのような場合においては、最寄りの税理士に相談をしてみるのも良いかもしれません。当然ながら、料金負担は発生しますが、確実で安心できるスタイルともいえるでしょう。

どうしても金銭的な負担はかけたくないという場合でしたら、自分自身でインターネットなどで調べるかもしくは自治体単位で無料相談会などが開かれていることもありますので利用をしてみては良いでしょう。

源泉徴収について

もし源泉徴収ももらっているという場合は「給与」として支払われている形になります。ですので所得税の発生が考えられますのでパパに聞いておくとよいでしょう。

クリーンにしておきたい税金のこと

税金は隠したり見過ごしたりせずにクリーンにしておくことを強くおすすめします。確定申告は毎年2月15日から3月15日までとなっておりますので、時期が近付いてきたら準備を整えておくようにしましょう。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る