パパ活サイト初心者でも理想のパパを見つけるテクニックはこちら

ツイッターでパパ活をするのは効率が悪くリスクも高い

パパ活を行いたいと思っても、パパを探せなければ活動していくことはできませんね。パパ探しをインターネット上のアプリを使うのはスタンダードですが、ツイッターを選択しようとしている女性も多いもの。しかしツイッターはパパ活には向かないという意見が見られます。ツイッターでのパパ活は本当に効率が悪いものなのでしょうか。

そもそもパパがツイッターを使わない

twitterは若い年代を中心に利用されているつぶやきアプリです。パパ活をツイッターを利用して行おうとしても、パパになるような富裕層でステータスレベルが高い男性がツイッターを使っている可能性は低いのです。

興味がないということの他にもツイッターは出会い系サイトのように「年齢制限」が設けられていません。高校生などの未成年でも利用することが出来てしまうのです。

もしも未成年の女性と知り合いデートをしてしまった日には罪に問われます。セックスをしなければ良いという問題などではなく、夜に引き連れているだけでもアウト。

こういったルールを富裕層は知っていますから、リスクの高いコミュニケーションアプリでパパ活女子を探そうとはしないのです。

女性もツイッターを使うのは危険

ツイッターの性質上、特定の目立った人間を攻撃し「炎上」させるといった風潮が見られます。パパ活女子やパパ活中なんてクラスタを使っているケースが多いと思いますが、全ての男女がパパ活をよく思っているとは限りません。

ときにはむしゃくしゃした気持ちを晴らそうとターゲットにされ冷やかしの対象になったり、人間性を否定されるなど「憂さ晴らし」のターゲットにされる可能性も高いですから、おすすめは出来ないのです。

冷やかしや憂さ晴らしに巻き込まれると本当にメンタル的に参ってしまい、パパ活どころではなくなってしまいます。またアカウントから個人を特定されてしまう恐れもありますから、パパ活でツイッターを使うのは女性にも非常に大きなリスクがあるということなのです。

ツイッターは効率がよくない

以上であげたようにツイッターを使ったパパ活は、あまり効率が良いとは言えません。そもそもパパ候補がツイッターを使っている、認知しているケースは少ないですし、パパを探すのに労力を費やします。

また女性側もパパ活を非難されるリスクもあり、炎上のターゲットにされ精神的に追い込まれるリスクもありますから、パパ活には向かないのです。

パパ活には匿名性が高いパパ活サイトや出会い系サイトなどを使って行うのがスタンダードと言えるでしょう。

関連 : パパ活するなら交際クラブより出会い系サイトを使った方が良い

ピックアップ記事

  1. パパ活テレビ
ページ上部へ戻る