パパ活サイト初心者でも理想のパパを見つけるテクニックはこちら

パパ活についての基礎知識(援助交際・愛人との違い)

パパ活というと愛人や援助交際とイコールとして考える方もいらっしゃるようです。しかし、それぞれの関係は異なったものとなっています。この違いを知ることはパパ活をする上でも大切なことといえるでしょう。では、それぞれの違いについてみていきましょう。

愛人関係について

愛人関係とは、既婚男性(女性)が配偶者とは異なる異性と身体的な関係を持つことを指します。いわゆる不貞行為をしている人のことを指します。食事や買い物程度では愛人関係にならず、あくまで身体的な関係をもっているかどうかによって決まる関係なのです。

恋愛関係を楽しむことを目的としている場合が多いでしょう。このことでトラブルになり法律的に抵触してしまう・家庭が崩壊してしまったというケースがあることはご存知の方も多いかと思います。

援助交際について

身体的な関係を持つ対価として金銭をもらう・渡すというのがその関係です。これは犯罪行為であり、実際に関係をもたずとも金銭を要求もしくは提示して異性にアプローチをすることでも犯罪となってしまうのです。

身体的な欲求もしくは性癖などを発散する・金銭がほしいからという目的だけの関係となっています。援助交際における罰則は非常に厳しいものとなっており、罰金刑だけでは済まないということも考えられます。風俗店でも本番行為がないのは法律の関係上の問題からなのです。

パパ活における関係性について

デート交際という呼び方もされているように、ともに過ごすことがその関係の主体となります。身体的な関係ですが、持つ必要はとくにありません。いやであれば断っても構いませんし、もしも身体的な関係を持ちたいのであればもっても構わないのです。この関係の場合、パパとなる男性側が対価を決めて女性に支払うというのが一般的で、都度パパや月極パパなどによってその相場は異なってくるでしょう。

男性の孤独な部分を満たす関係もしくは、女性の夢や目標を応援する・される関係がパパ活なのです。上記のことでお分かりいただけるかと思いますが、法律的に抵触をしてしまうということはありません。

詳しく見ると違いが分かる

3つを比較するとその違いがはっきりとお分かる頂けるでしょう。パパ活は特にその定義がわかりにくいともいわれていますがいたってシンプルです。愛人関係・援助交際は身体的な関係を持つ関係ともいえるのですが、パパ活の場合はその必要がないのです。健全な関係がサービスとなるともいえるでしょう。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る