パパ活サイト初心者でも理想のパパを見つけるテクニックはこちら

パパ活で体を求められた時の対処法

パパ活をする上で、相手から身体的な関係を迫られたという方もいらっしゃるかもしれません。もし、そのような契約であったり自らが了承できることであれば問題はないのですが、そうでない限りは断るということになるでしょう。そこで今回は、断り方や対処法についてみていきましょう。

もし身体的な関係を迫られたら?

身体的な問題というものはついつい感情的になるものです。パパから迫られて突き放すような言い方や態度をしてしまうこともあるかもしれません。しかし、継続的な関係を望んでいるというのであればこの態度はおすすめできません。関係が切れてしまう可能性もありますし、万が一ということも考えると、相手をより感情的にさせてしまうこともあるのです。ですから、突き放すというのではなく「柔らかい雰囲気で断る」ということが大切になってくるのです。

具体的な断り方について

次に具体的な断り方ですが、もし身体的な関係を結ばないという契約がなされているのであればその話を出してみるとよいでしょう。だからこその関係なのだということを伝えるのです。その時のポイントとしては怒ったり不機嫌な態度を見せないということ。意図と違うわけですから、そうした態度を見せないことに矛盾を感じるかもしれませんが、パパとの関係を築き続けていきたい場合には「悲しそうにすること」が大きなポイントとなってくるのです。怒りの表情ではなく、悲しそうに話をしてみることをおすすめします。

突き放すのではなく受け手視線で

断り方としては「受け手」として話をしていきましょう。それを言われるたびに傷ついてしまう・悲しい気持ちになってしまうという伝え方が良いでしょう。そして「それしか自分には魅力を感じないものなのか」と質問をしてみるのもよいかもしれません。このことで、パパ側も冷静になりやすいという傾向もあるのです。と、同時に自分はこの関係が楽しくハッピーであるということも伝えておきましょう。

焦点をずらすという方法

また別のアプローチとして「焦点をずらす」という方法もあります。身体的な関係を断るというのではなく「悲しい思いをするようであればこれから先、会うことができなくなってしまう」というずらし方です。これもまた有効的でしょう。

優しく断るのがポイント

今回は、身体的な関係を迫られたときの断り方についていくつか見ていきました。嫌だと主張をするのではなく、嫌な思いをさせないような言い方で断ることが大切なのです。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る